カーブスデビュー

仕事関係その他いろいろしたいこと、しなければいけないことがあるのですが、とりあえず体つくりと思い、今年からカーブス(中高年女性専用のジム)デビューしました。これまで4回体験しましたが、なかなか良いです。

4回目の今日は、それぞれのジム用マシンがどの筋肉に効いているかを自ら実感することが課題でした。新人にはコーチがついてくれるので、言われるままに姿勢等気を付けながら使っている筋肉を感じてみましたが、これまでの3回と運動後の体感が全く違いました。これまでは、同じマシンの使い方でも、本来の目的と違う筋肉で補いながら、動かすことが目的みたいになっていたとわかりました。

日常で何か目的のある動作をするときに、身体の中で補い合うのは自然なことですし、体力消耗を減らす良い仕組みと思いますが、部分的に鍛える場合はその部分だけということですね。

これ、音楽作りにも言えています。様々な技術的、音楽的、理論的要素を分析しつつ、足りない部分を磨かないといけないわけです。マシンを動かすこと、音楽でいえば音を出して流すことが目的では良い練習にはならないということですね。今日はそんなことも考え刺激をもらえました。

今年は早めに出しました。もう30年以上出しているけど、本来の目的はさておき、親の目の保養が目的かな。娘が幼児のころ書いた絵や折り紙もそのまま残して飾っているのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です