北区名曲コンサート

昨日は、さいたま市北区のプラザノースホールで「名曲コンサート」があり、出演してきました。シニア向けのコンサートで、第1部が日本の抒情歌、第2部が昭和の歌を歌おう、第3部がヴァイオリンと歌による名曲でした。

我が混声合唱団「さかなの会」は第2部に出演しました。「長崎は今日も雨だった」「あの素晴らしい愛をもう一度」の2曲でした。会場とともに歌うのですが、それぞれ1番は私たちだけで歌います。皆でオレンジ色のTシャツと白パンツの衣装で揃え、暗譜!でそれぞれの曲を混声4部、混声3部で披露させていただきました。私は指揮というより一緒に歌いましたが、気持ち良かったですね。出来映え? 一緒に思い切り歌ってしまったのでよくわかりませんが、後で褒めていただけましたからgood!ということにしましょう。「さかなの会」さん、お疲れ様でした。笑顔で終われましたね。

第3部はピアニストとして出演しました。始めにヴァイオリンでハンガリー舞曲第5番、そしてオペラ「カルメン」メドレーとオペラ「ノルマ」より清らかな女神です。カルメンメドレーはヴァイオリン&ピアノで最後にハバネラだけソプラノソロが入りました。ノルマはソプラノソロにトランペットがオブリガートで入りました。(あまり無いスタイルですが私の企画ではありませんよ~!)
それぞれの共演者との交流は楽しいですし、勉強になります。カルメンの情熱的でリズミカルで格調のある音楽、ノルマの苦悩と気品と情熱とが込められた表現、それぞれオーケストラ曲ですし、ピアノでどう表現するか私にとっては案外難しく悩んだのですが、これも終演後褒めていただけたので悩んだ甲斐有りで、良かった!ということで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です