自宅レッスンに戻りました

未知の新型ウィルスの感染力に驚きながらステイホームをしていましたが、あっと言う間に6月です。なんとか緊急事態宣言は解除されたものの、ウィルスはまだまだ無くなることはないようです。

夫の薬を2か月おきにもらいに行かなければならないのですが、12月の時は、インフルエンザを恐れつつ受診しました。2月の時は新型ウィルスを警戒してマスクはもちろん、コートも着たまま付き添いさせてもらいました。それでも次回の4月頃には収まっているでしょうなどと予想しつつ。ところが4月は受診するのも怖く、病院に連絡し夫は受診せずに、私が薬だけ取りに行きました。この時も次回6月には収まっているでしょうなどと予想しつつ。さて、6月になりそろそろまた薬を取りに行かねばなりませんが、やはり出来ることならまだ受診は避けたいですね。本当に長期に渡り厄介なウィルスです。

とは言え、さいたま市は感染者ゼロと言う日も続き、だいぶ収まっている気配ですので、今月からピアノのレッスンをオンラインから自宅へ戻しました。生徒の皆さんがご家族も含め全員元気でいてくれたことは本当に嬉しいことでした。やはり直に会話できると、伝導温度も温かく、その生の波動を体感できるので嬉しいことです。それをあらためて感じさせてもらえています。

次第に活動が始まりつつありますが、残念ながら合唱のほうは休止状態がまだ続きそうです。今後第2波第3波が予想を覆して来ませんように、そして皆で屈託なく声を出し合える日が早く来ますようにと願うばかりです。

LINEでの我が家の安否確認

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です