コーラス発表終えて

先週の浦和の合唱祭でのテープを聞きました。眠れないくらいに落ち込んでいた私の当日の印象と違い、「夜明けの歌」の最後の歌いあげるところなど、素晴らしい出来栄えでした!まあ、反省点は肝に銘じてありますが、終わり良ければすべて良し、ってことで、次へつなげたいと思います。次は来月7日に浦和のコミセンで歌います。

翌週のハッピーコンサートは、楽しい1日でした。ピアノ講師仲間と4人で8手連弾、そして、女声コーラス「コール・エーデルワイス」さんの指揮でした。8手連弾は私はピアノⅢで、ペダルの責任があるし、結構活躍場面もあるのですが、ソロや伴奏等室内楽と違い、両側に埋もれているせいか、可笑しなものでいつものような緊張は無く、演奏を普段通りに楽しめました。姿が埋もれている気楽さなのでしょうか。人の心理とは不思議なものです。

コール・エーデルワイスさんも、素敵に歌ってくださいました。団員の年齢を考えると、本当に凄いことです。来月のブリランテの会にも出演してくださいますが、残念なことに活動は今年度で終えることになりそうです。80歳以上が増え、やはり、ご自身の事やご家族の事等いろいろ有り、難しい選択です。

つけまつげも初体験。コーラスの方に「先生ビューラーしなくちゃ」と言われてしまいました。本物まつ毛と付けまつ毛の毛先の向きが微妙に違っていたらしい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です