再び緊急事態宣言

年が明け今年はコロナが終息に向かい良い年となりますようにと願いを込めた矢先に、緊急事態宣言が再び出されてしまいました。昨年来からのgo to travel やgo to eat が吉と出るか凶と出るか、どうなの?となんとなく危なげに思っていたのですが、ストップをかけるのが遅かったのか、結果としては凶のほうに針は傾いてしまった感じです。

緊急事態宣言を受けて合唱団はとりあえず今月はお休みになりました。来月からは状況次第です。声を出さないでいること、歌わないでいることは、今できる様々な娯楽がほかにあるとは言え、これは微妙にストレスで、喉の筋肉も呼吸の筋肉も衰えそうです。合唱団の団員の方々を想像すると、おそらく多くの皆さんが前向きに生活してお元気でいらっしゃるだろうとは思うのですが、昨年、緊急事態宣言後に再開した時にはそれぞれの団で一人、二人、認知症が進まれたり、持病が進行されたりで休団や退団された方がいらっしゃいました。原因は合唱団のお休みのせいとは言い切れませんが、とても寂しい出来事でした。今年はそんなことの無いよう、皆さん全員と元気に再会したいですね。是非、来月かそれ以降の再会を楽しみにしていただければと願ってやみません。

ピアノ教室のほうは、対面で続けています。オンラインを希望される場合は対応する旨のお知らせを出しましたが、皆さん学校が休校ではないこともあり、通常通り元気に来て下さっています。もちろん、マスク着用、換気をしながらです。

そういえば実は今月9日に、息子の講演がさいたま芸術劇場で予定されていましたが、残念ながら中止になりました。本人はもとより主催関係者全員が結構力を注いで準備していた企画だったと聞いていまして、我が家でも楽しみにしておりました。日本全国、いや世界中で多くの方々がこんな残念な思いを経験されているのですよね。我慢とポジティブシンキングが試される日々であります。

こんな企画ものでした。残念ながら中止となりました。

明けましておめでとうございます

(絵は夫による切り絵です。)

今年は、昨年1年悩まされたコロナ禍が終わりますようにと切に願いつつのスタートです。このお正月は我が家の場合、近くに住む子供たちが集合し屈託ないおしゃべりは楽しめましたが、例年氷川神社まで一緒に片道30分ほど歩きお参りするところ、コロナが怖いのでこちらの例年行事は無くなり三が日が明けてから別々に行くことになりました。

さて昨今は新型コロナ感染状況が収まらないとはいえ、コンサートは少ーしづつ対策を講じながらの様々な形のものが増えつつあるようですね。私は最近オンラインコンサートを折に触れ視聴しています。若手の素晴らしい一流の方々が、オンラインでどんどん発信していらっしゃいます。それを楽しめることはとても有難くもあり、ジャンルにとらわれずに何でも弾きこなす若手の意欲的な姿に新しい時代の音楽の在り方を感じたりしています。
ただ、素晴らしい演奏にくぎ付けになるとともに、自宅でちょろちょろ弾いている自分との宇宙的な距離もあらためて感じざる得ません。生のコンサートを聴きに出かけた時よりも何故かmore愕然なのだ。

Bloom where God has planted you

そんな時ふと、こんな言葉が浮かびます。渡辺和子氏の著作は実は恥ずかしながら読んでおりませんが、そうだそうだ今年はこの言葉を胸に、私なりに背伸びし過ぎることなく(年齢的にも)丁寧に活動していければ良いなと思うのです。

皆様にとっても良い1年となりますように!

インスタで見るものとはほど遠い我が家の手作りごちゃっとおせち。それでもおいしかった。

仕事納め

今年は、コロナで始まりコロナで終わる大変な年でした。私は予定していた本番が次々消滅してしまい、空しいままに諦めることを学びましたが、ただそんなコロナ禍の中、周囲の方々や家族も皆なんとか元気に過ごせたこと、この状況なりのつながりも持てたことは、何よりも有難くそのことだけで感謝したくなる、そんな思いを持てた1年でもありました。

混声コーラス「さかなの会」は4月から6月の3か月間休み、7月より練習を再開しました。毎回ほとんどの方が元気に集まってくださり、今年は今月20日に無事に終わりました。「星影のエール」(NHK朝ドラの曲)を練習した後、「きよしこの夜」を歌ってなごみつつ歌い納めをしました。

混声合唱団「レッツ・スィング」はやはり3か月休んだ後、7月から練習を再開しました。人数が多いので女声と男声とに分け、入れ替え制でそれぞれ50分ずつの練習でした。今月24日が歌い納めでしたが、毎年恒例で忘年会の時にミニミニコンサートをしています。ピアニストさんと私とで演奏します。今年は忘年会こそ出来ませんが、ミニミニコンサートは行われました。女声のときと男声のときとの初の2回公演です。私にとっては久しぶりの本番でした。ショパンの遺作のノクターン嬰ハ短調、ピアニストの坂田先生と連弾で「プロヴァンス地方のクリスマスの歌」(リストが子供向けに作曲した曲)と「情熱大陸」を演奏しました。コンサートは毎年ぶっつけ本番で、緊張感ありありとは言え、それだからこそゲットできる楽しさもあり、今年も「情熱大陸」で大いに盛り上がって楽しく終えることが出来ました。

ピアノ教室は今日28日が仕事納めでした。4月は全て休み、5月はリモートレッスン、6月より通常の対面レッスンに戻りました。不自由なリモートレッスンを経て対面レッスンに戻ると、これまで以上にどの生徒さんも真剣に取り組んでくれている様子が感じられ、レッスンが再開出来て本当に良かったと感じました。来年は、3月に発表会を予定しておりますので、新年早々4日から始めます。

来年はコロナが終息して欲しいですね。これ以上悪い方向へ行きませんよう願うばかりです。どうぞくれぐれも体調に気をつけて、良いお年をお迎えください。

坂田先生の自作曲演奏。可愛らしい素敵な曲です。お子さんの笑顔が見えるようです。
ショパンの遺作のノクターン嬰ハ短調。ショパンは時代も世代も超えています。
情熱大陸をぶっつけ本番とは!私達凄くない?

鬼滅の刃効果

今年に入ってすぐの頃、小学4年生の女子生徒さんから「先生、私、キメツノヤイバが弾いてみたい。」と言われました。彼女は、昨年の4月からピアノを始めたばかりで、昨年暮れの発表会では「ぼくドラえもん」と連弾での「シオカラ節」を猛特訓の結果バッチリ決めてくれました。
昨年「シオカラ節」を決めるときも、えっ?なに?と聞きなおし、YouTubeで彼女が指し示す動画を聴いては、へー!とそのゲーム音楽に軽くカルチャーショックを受けたものでした。しかし、発表会で披露できるようカッコよく編曲してみようとの意欲が湧き、伴奏の編曲にチャレンジし、メロディは黒鍵だけで弾けるので彼女に教え込み、本番の連弾は大成功だったのでした。

「キメツノヤイバ」も「えっ?なに?ちょっと紙に書いてくれる?」から始まり、「鬼滅の刃」だとこれまた指し示されたYouTubeで知り、その初心者バージョンのピアノ演奏がYouTubeにあり、それをそっくり弾きたいのだと理解できた次第。さーてどうしたものかと思っていたところに、コロナの自粛期間で時間がたっぷり出来たため、ピアノ独奏用楽譜を作り上げることが出来たのでした。

6月から通常のレッスンに戻ってから楽譜を渡すと、彼女は大喜びでまるで「鬼滅教」みたいにどんどん頑張ります。今では全曲最後まで本来の速さで弾いてしまいます。ピアノを始めて1年半なのに好きこそものの上手なれ、凄い効果!

今、どの生徒さんに聞いても知ってる「鬼滅の刃」。そこで私もまずはテレビで放映されたアニメを見て勉強。ハマると次に、すぐ近くの映画館へ見に行き、なるほどーと楽しみました。卑屈な鬼と戦うわくわく感、人の心の温かさ、修行する真面目さ厳しさ、人間の哀しさ等いろいろな要素が魅力です。

先日、小学4年の男の子がレッスンを終えてから、「先生、映画を見てみんな泣いたって言ってるけど、先生は泣いた?」と聞くので、「んー、泣きそうになったよ。ジーンときたよ。」と答えると、「どこらへんでそうなった?」と聞かれ、「だって、あの本当に強い煉獄さんが一生懸命全身込めて戦いに戦い抜いたのに、最後にはやられてしまい、それでも人間としての強い気持ちやきれいな心をを失わずに炭治郎に伝えるべきことをしっかりと穏やかに伝えていく姿に心打たれたし、炭治郎も煉獄さんを助けてあげられなくて悔しくて悔しくて泣くところは本当に見ていて気持ちがわかり泣きそうになったよ。」と答えました。「うん、うん、そうだよね。」とうなずきながら彼は帰っていきましたが、こんな話が小学生と出来て気持ちが通い合えるなんて、珍しいことかもと嬉しくも感じました。

中学生の生徒さんには少々厳しく「それじゃ、鬼に食われちゃうよ。」などと言うと笑いながら理解してくれたり、合唱団でも水の呼吸、風の呼吸などと引用させもらって「鬼滅」を重宝しています。

さて本を読んでいない私は、早く次を見たいな!

編曲バージョン。それぞれ1ページ披露です。

さきたま古墳群見学会

何年か前に、行田のさきたま史跡博物館を訪れたことがあります。この時は、考古学の仕事をしている息子がその建物内で発掘調査報告等の発表をするというので出かけたのですが、大変な猛暑で同じエリア内にあるさきたま古墳群を見学するに至らず、博物館の国宝の鉄剣等の展示見学のみで終わったのでした。ですから、それ以来古墳群を見てみたいと思っていたのですが、ようやく先日実現しました。

お天気も良く、久しぶりに長女、次女家族、息子と合流し(夫は歩けないので残念ながら留守番)、しかも専門の解説員(息子)付き!ですから展示と古墳と公園散策とを青空の元で気持ちよく満喫できました。

古代のこととなると、普段特別に興味を持っていない者にとっては、解説が付くのと付かないのとでは、全く見方が変わると思います。我が家は身内が解説員のため、気兼ねなくド素人的質問が出来、おかげさまで遠い古代人が現代人と同様に身近に感じられたことは本当に感謝です。よく、古代への想いを「ロマン」という言い方をしますが、推察の域を出ない事象も多いとは言え、むしろ当時の生々しい人間の営みや宿命を科学的に実証していく作業であり、その積み重ねであると言えるようです。

将軍山古墳
身近な動物の埴輪
頑張ってよく歩いた孫

さきたま史跡博物館と古墳群についてはこちらのガイド等をどうぞ。

公民館にてオータムコンサート

大宮北公民館主催のオータムコンサートにピアノで出演してきました。ソプラノ、フルート、ヴァイオリン、ピアノの4名でのアンサンブルコンサートでした。通常は60名ほどのホールかと思いますが、約30名くらいに観客を抑えての開催でした。共演のソプラノさんが歌唱時の飛沫を気になさり、思案の末、先月のブリランテの時と同様にマイクスタンドを3本用意し(1本は我が家から)そこに透明クロスをクリップで取り付けて衝立を作り、その前で歌うステージとしました。

フルーティストは、フルート専用のセーフティガードというのをフルートの口元に装着して演奏し、ヴァイオリンとピアノはマスク無しでした。

休憩を挟んで1時間半ほど、親しみやすい曲を18曲ほどアンサンブルで聞いていただきました。もちろん本番中はピアニストとしては緊張とともに音楽的な気遣いをずっとしているわけですが、同時にこのコロナ禍の中、音楽を仲間と共に演奏できること、そしてお客様と音楽を共感しあえることというのはやはり幸せだなと感じられる1時間半でもありました。(この独特の異次元の幸せ感のおかげで、やめられないのだよ。)

ただし帰宅後はどっと疲れ、「相棒」の録画を見てしばしぐうたら。

共演者はいつも若い世代の方たち。当たり前だわね。
私はいつまで弾けるかな。

ブリランテの会から10日

10日前の日曜日(9/27)に第18回目の大人の発表会「ブリランテの会」を開催いたしました。出演者の皆さまのそれぞれの熱演を楽しめた1日でした。この日はピアノ、ヴァイオリン、声楽の方々の発表でした。観客はマスク着用ですが、出演者はマスク無しで演奏していただきました。舞台前方に透明クロスの衝立を置き、客席最前列は舞台から2メートルほど離し、舞台側のドアは開けたままにし、出入り口のドアはプログラム2人置きに開閉して換気に気をつけました。

マイクスタンドに透明クロスをクリップで付けましたが2本では上の方がたわんでしまうため、コートスタンドもお借りして工夫しました。

出演者の皆さまからは今回の開催をとても喜んでいただけました。皆さんこのコロナ禍の中、目標が出来たことで有意義な日々を送れたとのことでした。当日、お客様はほぼいらっしゃらないだろうと想像していたのですが、結構ご家族やご友人の方も見え、会場が普通に密になってしまい、もし感染者が出てしまったらどうしようと気を揉んだこの10日ほどでもありましたが、どうやら皆さん無事のようでひとまず安心です。

ピアノで参加下さったある方は、ご友人の法事を済ませて来て下さり、「出来はどうあれこうして元気に音楽をしていられる幸せをつくづく有難いと思いました。80過ぎまで頑張りますね。」とおっしゃって下さいました。嬉しいですね。来年も開催しますよ~!

 

「ブリランテの会」開催します

今月27日(日)に大人の発表会「ブリランテの会」を開催いたします。大宮ソニック地下のカワイ楽器店内のミュージックサロン「レガート」にて14時開演です。このサロンは収容人数50名ほどのこじんまりしたスペースながら、お洒落で響きの良い素敵な空間です。今回は出演者人数も、お客様もある程度制限しながらの開催です。

演奏者の皆さんはアマチュアの方々ですが、ほとんどの方が毎年参加してくださり、しかも名曲や大曲に挑戦して下さいます。皆さんこの発表会を励みにしてくださっていらっしゃる様子でとても嬉しく思います。その真摯な演奏やお忙しい中真剣に取り組まれる姿勢に毎年素晴らしいなぁと感動致します。今年はコロナ禍の中での準備と開催ですが、前向きに取り組んで頂けたことはこれまでに増して本当に素晴らしいことと思いますし、ご出演に感謝いたします。

猛暑の8月終える

8月はまさに猛暑でした。これまでコロナ禍の中、散歩くらいは時々していたのですが、先月は暑くて外を歩く気もせず、結果的にかなり運動不足となっています。今日は台風の影響もあるのか、やっと幾分気温も落ち着き、風も適度に有り心地良い1日でした。それで孫と近くの小さな公園で遊んできました。住宅街の中の小さな公園ではありますが、それでも外で遊べるというのはやはり嬉しいものですね。あらためて普通に旅行やコンサートや美術館等にもコロナも天気も気にせず出かけられる日が来ることが待ち遠しいです。

先月の名曲コンサートも無事に終わりました。久しぶりの演奏で、ハイテンションのまま楽しみました。後で録音を聞くと、楽しいあまり少し間が急いていたかなとか反省もありましたが…。

名曲コンサート開催予定

コロナニュースやら災害やらでなんだか落ち着かないままでしたが、早いものでもう8月です。私関連の予定していたコンサートや発表会等は3月以来ことごとく中止となってしまいましたが、今月20日に予定している大宮音楽家協会主催の「名曲コンサート」は開催されそうな気配です。

私はムソルグスキー作曲「展覧会の絵」の連弾バージョンの前半に出演致します。連弾版はA.Schafer, C.Tschernow というたぶんロシアの作曲家によるもので、国際楽譜ライブラリー(imslp)からダウンロードしたものです。この連弾版は原曲と順番が違っていて、曲間に挟まるプロムナードも省略されています。とは言え原曲のサウンドの厚みやリズミカルな面白さが十分に生かされた編曲で、YouTubeでは見当たらないバージョンなのですが、とても弾きごたえがあります。当日は簡単なナレーションをはさみながら、原曲通りの順番で演奏します。

「展覧会の絵」はソロでは一生手を付けなかったと思うのですが、今回を機にいろいろなソリストの演奏を聴くにつれ、何度聞いても作曲家の個性とソリストの個性である解釈が飽きないですし、聴くたびに名曲に引き込まれます。私としてはこの企画に関われてラッキーでした。