コロナ禍

ようやく毎日の感染者数が減る傾向となり、緊急事態宣言も39県で解除されました。とは言えまだまだ油断禁物の日々です。特に首都圏では無症状の感染者がすぐそばにいるかもしれないという警戒感は当分続きそうです。

今月からピアノの生徒さんとは大方の方がオンラインでレッスンを始めることが出来ています。動画を送っていただき、こちらからアドヴァイスの返信をするという形の方もいらっしゃいます。どちらにしても普段の空気感と違い、これはこれで私自身、指導の勉強に大いになっています。いつもより短時間であることと、世の中の異変の中でのレッスンであることで、伝えるべき大切なことを選択し、要点をまとめてしっかり伝えなければいけないと思うからです。

ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)のホームページ内にE-ラーニングというサイトがあります。これまで行われた指導者向けの講習会がネット上で見られるのですが、このコロナ期間を利用し、登録して見始めています。これが見るたびに目から鱗の日々で、大変勉強になっています。コロナ禍でないと、おそらくこのサイトを真剣に見ることは無かったと思うと、不謹慎ではあるけれど、この日々に感謝したいくらいに思います。

さて、コーラスのほうは、なかなか難しいです。オンラインでお会い出来る方だけでもとも思いましたが、やはり団全体の和が崩れることも懸念されるので辞めています。いつから通常の練習に戻れるのか、さっぱり予想できません。合唱連盟ではオンラインで個人参加の合唱の歌を募集したりしていますし、個々に若い方々を中心にオンラインでのリモート合唱を創り上げている団も見受けられますが、高齢者が多い団の場合は無理です。ワクチンや薬が出回らない限り本来のコーラスやコンサートは無理なのでしょうか。本当に困った問題です。

ともあれこの期間に自分自身を見つめなおし、そして自粛が解除された時には新たな出発が出来そうな、出発しなければ、みたいなそんな希望を持ちたいものです。

続ステイホーム

今年はツツジが見事に咲いてくれています

 

4月の1か月間ピアノとコーラスの仕事は無く、まさしく毎日自宅におりました。どんな日々が待ち受けていることやら恐れが少しとこれまで出来なかったことが出来るかなという期待も少し持ちながら始まりましたが、個人的にはこの1か月は結構いろいろ有意義でした。

庭を少し整えました。晴天の日などまだ虫も少なく気持ち良い季節ですから、じいっと読書に集中出来ました。おかげで数年前に気まぐれで購入したスティーブン・キングの「リーシーの物語」上下巻を読み終えました。この本は、主人公リーシーとその夫であった(2年前に亡くなった)有名作家との深層心理的な話なのですが、夫婦それぞれの過去と現在と作者お得意の怖ろしい幻覚や謎かけのようなキーワードがとにかく入り乱れつつ物語が進行していくため、こんな時でないと頭に入らなかったであろう本でした。夫婦愛と人間の奥深くに潜む闇と狂気がカントリーウエスタンの音楽をバックに描かれていますが、1度読んだだけではよくわからない部分も未だにあるとは言え、読んで良かったと心から思えました。面白かったです。

バァバピアニストとしては「熊ん蜂」も毎日頑張ってみました。まだまだ途中経過ですね。全体で1分少しの曲なのに毎日1つの音符や拍単位で難しさを感じています。只今のところこんな感じです。

5月から、生徒さんとオンラインでレッスンをする予定です。これまで、LINEで動画を送ってくださった生徒さんが数名いて、頑張っている様子がとても嬉しかったです。こちらの返信動画においても要点をまとめて配信できるので、結構効果的な気がしています。
コーラスのほうも、オンラインで試してみたいと考えています。時差があり通常のコーラスは難しいようですが、皆さんの顔をオンラインで見れるだけでも良いかと思っています。5月から楽しみです、が、とは言え、この異常な事態の一刻も早い終息を願ってやみません。

下は9か月の孫のレッスン風景です。you tube画像になんとか処理できました。息子がコロナ自粛で帰って来ないため自力でネット操作をしています。難しい!

Stay at home

緊急事態宣言が出され、多くの人が新型ウィルスに罹らないようそれなりに注意はしているものの、感染者はどんどん増える一方で今や医療崩壊が危ぶまれています。ニュースで聞くイタリアやスペイン、ニューヨークのような酷い状態とならないよう祈るばかりです。

さて、自宅に居て、うまく時間を過ごせた時となんだかぐうたらニュースばかり見てしまい上手く過ごせない時とありますが、やはりとても嬉しいつながりがあると、前向き思考で活動的になりますね。

最近の嬉しかったこと。3歳の可愛い生徒さんから可愛い音符がたくさん書いてある宝物のような素敵なはがきをいただきました。それから、動画を送ってくださった生徒さんもいて、ピアノを頑張っている様子が見れて嬉しかったです。また、家族とはLINEのビデオ通話で週末に安否確認しておりますがそんな時間も楽しい時間です。

生徒の皆様方、LINEでもメールでも構いませんし、最近Zoomもインストールしましたのでオンラインでつながることが可能です。どうぞ気軽に途中経過でも構いませんので録音録画等送信くださいね。お待ちしています!

可愛いハガキ
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0113-1.png です
送ってくれた動画より
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0116-1.png です
お返事の動画より

4月はお休みにしました

先月までピアノのレッスンは通常通り行っていましたが、新型ウイルスの感染者が首都圏で次第に増えてきましたので、その予防策として今月から1か月間お休みにすることに決断しました。

生徒の皆さんに会えないのは寂しいですしとても残念ですが、国内外の報道を知るにつけ苦渋の選択をせざる得ない状況です。皆様の健康を心からお祈りしています。時々メールで連絡を取り合い様子を伺おうと思います。オンラインレッスン、録音録画でのアドヴァイス等も試してみたいと考えています。

さて、ピアノ教室もコーラスも休みで、振り返ってみると私はフリーランスとは言え大学卒業以来(妊娠中と育児中以外)初めての無職です。これがもし若かったなら、大きな不安を抱えるところでした。幸い、残りの人生が4分の1くらいですから、年の功で、ある程度肝が据わっているかな。

今日から何も無し。お財布も軽い。とは言え、実はなんだか忙しい。午前10時からピアノの練習をします。音階から真剣に弾いています。家事もきりがなくあります。今日は衣装のリフォームを始め、歯医者へ行き、夕方また練習しましたがなんだか1日はすぐ終わりますね。この機会にいろいろ勉強もしたいです。
ではでは、ということで免疫力の為に早く寝ます!

近況

新型コロナウィルスのおかげでコーラスがお休みで在宅時間が多くなりました。皆さまどのようにお過ごしですか。

私は、ピアノ教室は今のところ 換気と手洗いとマスクをしながら 通常通りしております。生徒の方々が皆さん元気なので、レッスンの時間がこれまで以上に貴重に思われます。特に小学生は嬉しそうに来てくれて、なかなか帰ろうとしないくらいでそんな様子が健気で微笑ましく、まだレッスンをお休みに出来ずにいます。今後の状況次第ではお休みのお知らせしないといけないですが、皆がずっと元気でありますようにと祈らずにいられません。

空き時間でマスクを手作りしました。手縫いで結構簡単に出来ます。行きつけの美容院の週刊誌に型紙と作り方が載っていたのです。さっそく試して見たところ、とても良いです。写真はネットで購入したダブルガーゼ地のものです。(ガーゼ布地も特に無地は売り切れが多かったです。)マスク用のフィルターシートというのも注文してみましたが2週間ほど待ってやっと届きました。(薄いぺらぺらの用紙で、台所の水切り用不織布と見た目はあまり変わらないですし、今は値段も倍です。)ウイルス対策にはわかりませんが、顔にフィットするので花粉対策には明らかに良い感じです。

それから、確定申告の提出物を仕上げました。毎年ついつい領収書をため込み整理せずにいるのでやっかいなのですが、今年は時間に余裕があり、夜なべをせずに仕上げられました。

ピアノも弾いていますよ。5月末にベビーカーコンサートを予定していますので、これはたぶん開催されるだろうと思われ、準備を始めました。「パプリカ」「踊るぽんぽこりん」「勇気100パーセント」「恋するフォーチュンクッキー」などなど、クラシックではない曲が多くてターイヘン!まずは歌うことからしていますが、乗れない自分をノリノリにさせて挑戦するのは楽しいものです。
それから「熊蜂の飛行」をソロで弾きますが、これはラフマニノフ編曲の難曲です。1分半弱くらいの曲ですが想像以上に難しく、基礎からやり直しです。現状やっと蛾から蠅そして蜂へと昇格してきたところです。まだまだ働き盛りの蜂にならず、足腰危ないご老体といったところ。恐そうな働き盛りの熊蜂になるよう毎日頑張っています。

運動不足気味ですが、ラジオ体操と散歩と孫抱っこでなんとか筋肉付けてというか保ってるつもりというか。皆様どうぞお元気にお過ごしください。

新型肺炎に慄く

戦後に生まれ、幸いにこれまで戦争のような悲惨な苦しみは味わわず、なんとか平和な世の中で暮らせてこれたのですが、此処へ来て、怖ろしい新型肺炎がひたひたと目前に迫ってきているような漠然とした不安を抱える日々です。戦争がまだ遠くのことでありながらひたひたと巻き込まれていく不安はこんな感じだったのかしらなんて思ったり。

東日本大震災の時に、メルトダウンはしていませんと言われていたのに、結局はしていたわけで、それを考えるとどこまで厚労省のことを信じて良いのか、どこまで神経質に恐れるべきなのか、わからないままです。

来週予定していたコーラスの文化祭が2か所中止になりました。せっかくその本番に向けて真剣に練習していましたので、目標を絶たれ残念ですが、仕方のないことです。ただ、なんだか雲行きが不気味な流れを感じてしまうのは私自身の歳のせいでしょうか。

家族の無事を祈り、知り合いの方々の無事を祈り、自分も無事でいることを祈り、そして皆さまの無事をお祈りいたします。少しでも早く終息しますように!

新iphone

3日前まで使用していたiphone5は6年使用しました。長い方と思います。2年程前くらいから Wi-Fiの無いところではネットをなるべく使用しない等、ケチケチ 電池を節約しながら使っていましたが、次第にボケ方が進み、1日に数回充電したりするのは我慢できても、昨年秋頃からは外出先でいきなり電源が切れたり、今年に入ると家の中でもWi-Fiとの接続がいきなり切れることがあり、さすがに機種変更を実行しました。

安いSIMフリーにするか悩みましたが、とりあえず、メールアドレス変更のお知らせが面倒なので今まで通りです。

新たなiphone11は画面が明るく、素早い反応で、新たなお友達って感じで触ってばかりいますが、何のアプリかわからないアプリが結構ついています。お店の方に「これ有料のものは無いですよね。」と確認してあるので、大丈夫ですが、なんだろうと開こうとすると、規約がドバっと出てきて訳わからなかったりするので閉じたり。なんだかあたふたと使用しています。

ところで数年前まで本を読んだり、音楽を聞いたりしていた時間が、携帯を無駄に覗いてしまう時間に変わってしまっている自覚が大いに有りのこの頃です。残りの人生を考えて、携帯も有効に使わないといけないなぁとこれを書きながら大いに反省!

覚えた!パプリカのダンス

今、子供たち皆知ってる「パプリカ」。実は5月にベビーカーコンサートに出演することになっていてこの曲も演奏するので、楽譜は有ります。なんとなく曲も知っているのですが、よし、この際ついでにダンスも覚えちゃおうとトライしてみました。

もう一つには、未就学児の生徒さんのレッスンで、身体で音楽に乗る練習と思い、ちびっこ生徒さんに教わりながら踊っていたら、難しくて笑っちゃって、これはいかん、よーし本当に覚えようと思ったこともきっかけです。

1ビートごとに動きが変わったり、その動きも何種類もあるので、ダンスとは無縁で生きてきた老女には覚えるのがターイヘンなのでした。幸いyou tubeに振り付け反転説明付きみたいのがいろいろ出ているので参考にしつつ、紙にダンスの順番を書き起こして1週間夜な夜な練習したのでした。

そしてなんとか覚えた!覚えてみると、身体を動かす快感があるし、面白いし、気晴らしになるし、若返った気分になるし、頭の体操にもなるし、老女にとってこれは良い!ウイルスにも勝てそう。皆さまおすすめでーす!(うさぎ跳びのところは立ったまま適当に上下すべし。)

音楽家の集いコンサート

昨日、「音楽家の集い」コンサート(与野音楽連盟主催)に出演し、なんとか無事に演奏を終了出来ました。只今ホッとしています。総じて、挑戦することは怖いけれど、終えてみると挑戦したことで得るものは大きかったと感じています。

ところで今回、間違いなくとびきり最年長です。普通なら大先輩などと呼ばれる年齢です。けれど私としては、ピアノに関しての意識も練習も出足が遅く(専門的な意識や練習というものを知り、少しづつ身に着けられるようになったのは、幼少期から鍛えられている周りの方とは違い音楽高校に入ってからです)、弾けないピアノに悩んだ高校大学時代を経てすぐ結婚し、その後子育てが始まり、子育てが終わるころから家庭と両立しながら再び勉強を始め、今、少しづつわかりかけてきたところですので、気持ちとしては(ピアノに関しては)なんとなくまだ20代ですね。見た目と体力はともかくまだまだ勉強したいお年頃なのです。ですからまだまだこれからも楽しく弾いて勉強していきたいと考えています。が、さあいつまで弾けるのでしょう。お楽しみに。

出演者の記念写真

もうすぐコンサート

今月18日(土)さいたま芸術劇場音楽ホールでのコンサート「音楽家のつどい」(13:30開演)に出演します。
今回は、ドビュッシー「レントより遅く」、ラヴェル「水の戯れ」、シューマン/リスト編曲「献呈」の3曲をソロで、そしてソプラノの知人の伴奏を4曲ほど弾きます。

昨年の総会の時に、このコンサートがあることは聞いていましたが、無理そうと思っているうちに、昨年から譜読みしていた「水の戯れ」に少しづつ嵌り、次第に弾けるようになってくると更に嵌り、目標にしてみたくなってきたのです。先月の発表会でも弾いてみましたし、もうすぐこのコンサートの日も来ますが、未だにこの曲の魅力は汲めども汲めども尽きない感じで、もっと何らかのインスピレーションや演奏のアイデアがあるのではないかと日々探っています。

他の2曲も好きな曲です。ドビュッシーならではの自由な感覚と美しい響きと流れに飽きることがありませんし、「献呈」は共感する熱い気持ちを表現するのが結構難しく、あれこれ流れやら響きやら工夫してみたものの、「もう好きに歌うしかないわ~」みたいな感じ。

ふと思うのは、もし夫が健在で私が普通に主婦業をこなすシニアであったなら、いくらピアノ指導者であってもここまで真剣に挑戦し弾くことはなかったと思うのです。人生は不思議で面白いものですね。