鬼滅の刃効果

今年に入ってすぐの頃、小学4年生の女子生徒さんから「先生、私、キメツノヤイバが弾いてみたい。」と言われました。彼女は、昨年の4月からピアノを始めたばかりで、昨年暮れの発表会では「ぼくドラえもん」と連弾での「シオカラ節」を猛特訓の結果バッチリ決めてくれました。
昨年「シオカラ節」を決めるときも、えっ?なに?と聞きなおし、YouTubeで彼女が指し示す動画を聴いては、へー!とそのゲーム音楽に軽くカルチャーショックを受けたものでした。しかし、発表会で披露できるようカッコよく編曲してみようとの意欲が湧き、伴奏の編曲にチャレンジし、メロディは黒鍵だけで弾けるので彼女に教え込み、本番の連弾は大成功だったのでした。

「キメツノヤイバ」も「えっ?なに?ちょっと紙に書いてくれる?」から始まり、「鬼滅の刃」だとこれまた指し示されたYouTubeで知り、その初心者バージョンのピアノ演奏がYouTubeにあり、それをそっくり弾きたいのだと理解できた次第。さーてどうしたものかと思っていたところに、コロナの自粛期間で時間がたっぷり出来たため、ピアノ独奏用楽譜を作り上げることが出来たのでした。

6月から通常のレッスンに戻ってから楽譜を渡すと、彼女は大喜びでまるで「鬼滅教」みたいにどんどん頑張ります。今では全曲最後まで本来の速さで弾いてしまいます。ピアノを始めて1年半なのに好きこそものの上手なれ、凄い効果!

今、どの生徒さんに聞いても知ってる「鬼滅の刃」。そこで私もまずはテレビで放映されたアニメを見て勉強。ハマると次に、すぐ近くの映画館へ見に行き、なるほどーと楽しみました。卑屈な鬼と戦うわくわく感、人の心の温かさ、修行する真面目さ厳しさ、人間の哀しさ等いろいろな要素が魅力です。

先日、小学4年の男の子がレッスンを終えてから、「先生、映画を見てみんな泣いたって言ってるけど、先生は泣いた?」と聞くので、「んー、泣きそうになったよ。ジーンときたよ。」と答えると、「どこらへんでそうなった?」と聞かれ、「だって、あの本当に強い煉獄さんが一生懸命全身込めて戦いに戦い抜いたのに、最後にはやられてしまい、それでも人間としての強い気持ちやきれいな心をを失わずに炭治郎に伝えるべきことをしっかりと穏やかに伝えていく姿に心打たれたし、炭治郎も煉獄さんを助けてあげられなくて悔しくて悔しくて泣くところは本当に見ていて気持ちがわかり泣きそうになったよ。」と答えました。「うん、うん、そうだよね。」とうなずきながら彼は帰っていきましたが、こんな話が小学生と出来て気持ちが通い合えるなんて、珍しいことかもと嬉しくも感じました。

中学生の生徒さんには少々厳しく「それじゃ、鬼に食われちゃうよ。」などと言うと笑いながら理解してくれたり、合唱団でも水の呼吸、風の呼吸などと引用させもらって「鬼滅」を重宝しています。

さて本を読んでいない私は、早く次を見たいな!

編曲バージョン。それぞれ1ページ披露です。

さきたま古墳群見学会

何年か前に、行田のさきたま史跡博物館を訪れたことがあります。この時は、考古学の仕事をしている息子がその建物内で発掘調査報告等の発表をするというので出かけたのですが、大変な猛暑で同じエリア内にあるさきたま古墳群を見学するに至らず、博物館の国宝の鉄剣等の展示見学のみで終わったのでした。ですから、それ以来古墳群を見てみたいと思っていたのですが、ようやく先日実現しました。

お天気も良く、久しぶりに長女、次女家族、息子と合流し(夫は歩けないので残念ながら留守番)、しかも専門の解説員(息子)付き!ですから展示と古墳と公園散策とを青空の元で気持ちよく満喫できました。

古代のこととなると、普段特別に興味を持っていない者にとっては、解説が付くのと付かないのとでは、全く見方が変わると思います。我が家は身内が解説員のため、気兼ねなくド素人的質問が出来、おかげさまで遠い古代人が現代人と同様に身近に感じられたことは本当に感謝です。よく、古代への想いを「ロマン」という言い方をしますが、推察の域を出ない事象も多いとは言え、むしろ当時の生々しい人間の営みや宿命を科学的に実証していく作業であり、その積み重ねであると言えるようです。

将軍山古墳
身近な動物の埴輪
頑張ってよく歩いた孫

さきたま史跡博物館と古墳群についてはこちらのガイド等をどうぞ。

公民館にてオータムコンサート

大宮北公民館主催のオータムコンサートにピアノで出演してきました。ソプラノ、フルート、ヴァイオリン、ピアノの4名でのアンサンブルコンサートでした。通常は60名ほどのホールかと思いますが、約30名くらいに観客を抑えての開催でした。共演のソプラノさんが歌唱時の飛沫を気になさり、思案の末、先月のブリランテの時と同様にマイクスタンドを3本用意し(1本は我が家から)そこに透明クロスをクリップで取り付けて衝立を作り、その前で歌うステージとしました。

フルーティストは、フルート専用のセーフティガードというのをフルートの口元に装着して演奏し、ヴァイオリンとピアノはマスク無しでした。

休憩を挟んで1時間半ほど、親しみやすい曲を18曲ほどアンサンブルで聞いていただきました。もちろん本番中はピアニストとしては緊張とともに音楽的な気遣いをずっとしているわけですが、同時にこのコロナ禍の中、音楽を仲間と共に演奏できること、そしてお客様と音楽を共感しあえることというのはやはり幸せだなと感じられる1時間半でもありました。(この独特の異次元の幸せ感のおかげで、やめられないのだよ。)

ただし帰宅後はどっと疲れ、「相棒」の録画を見てしばしぐうたら。

共演者はいつも若い世代の方たち。当たり前だわね。
私はいつまで弾けるかな。

ブリランテの会から10日

10日前の日曜日(9/27)に第18回目の大人の発表会「ブリランテの会」を開催いたしました。出演者の皆さまのそれぞれの熱演を楽しめた1日でした。この日はピアノ、ヴァイオリン、声楽の方々の発表でした。観客はマスク着用ですが、出演者はマスク無しで演奏していただきました。舞台前方に透明クロスの衝立を置き、客席最前列は舞台から2メートルほど離し、舞台側のドアは開けたままにし、出入り口のドアはプログラム2人置きに開閉して換気に気をつけました。

マイクスタンドに透明クロスをクリップで付けましたが2本では上の方がたわんでしまうため、コートスタンドもお借りして工夫しました。

出演者の皆さまからは今回の開催をとても喜んでいただけました。皆さんこのコロナ禍の中、目標が出来たことで有意義な日々を送れたとのことでした。当日、お客様はほぼいらっしゃらないだろうと想像していたのですが、結構ご家族やご友人の方も見え、会場が普通に密になってしまい、もし感染者が出てしまったらどうしようと気を揉んだこの10日ほどでもありましたが、どうやら皆さん無事のようでひとまず安心です。

ピアノで参加下さったある方は、ご友人の法事を済ませて来て下さり、「出来はどうあれこうして元気に音楽をしていられる幸せをつくづく有難いと思いました。80過ぎまで頑張りますね。」とおっしゃって下さいました。嬉しいですね。来年も開催しますよ~!

 

「ブリランテの会」開催します

今月27日(日)に大人の発表会「ブリランテの会」を開催いたします。大宮ソニック地下のカワイ楽器店内のミュージックサロン「レガート」にて14時開演です。このサロンは収容人数50名ほどのこじんまりしたスペースながら、お洒落で響きの良い素敵な空間です。今回は出演者人数も、お客様もある程度制限しながらの開催です。

演奏者の皆さんはアマチュアの方々ですが、ほとんどの方が毎年参加してくださり、しかも名曲や大曲に挑戦して下さいます。皆さんこの発表会を励みにしてくださっていらっしゃる様子でとても嬉しく思います。その真摯な演奏やお忙しい中真剣に取り組まれる姿勢に毎年素晴らしいなぁと感動致します。今年はコロナ禍の中での準備と開催ですが、前向きに取り組んで頂けたことはこれまでに増して本当に素晴らしいことと思いますし、ご出演に感謝いたします。

猛暑の8月終える

8月はまさに猛暑でした。これまでコロナ禍の中、散歩くらいは時々していたのですが、先月は暑くて外を歩く気もせず、結果的にかなり運動不足となっています。今日は台風の影響もあるのか、やっと幾分気温も落ち着き、風も適度に有り心地良い1日でした。それで孫と近くの小さな公園で遊んできました。住宅街の中の小さな公園ではありますが、それでも外で遊べるというのはやはり嬉しいものですね。あらためて普通に旅行やコンサートや美術館等にもコロナも天気も気にせず出かけられる日が来ることが待ち遠しいです。

先月の名曲コンサートも無事に終わりました。久しぶりの演奏で、ハイテンションのまま楽しみました。後で録音を聞くと、楽しいあまり少し間が急いていたかなとか反省もありましたが…。

名曲コンサート開催予定

コロナニュースやら災害やらでなんだか落ち着かないままでしたが、早いものでもう8月です。私関連の予定していたコンサートや発表会等は3月以来ことごとく中止となってしまいましたが、今月20日に予定している大宮音楽家協会主催の「名曲コンサート」は開催されそうな気配です。

私はムソルグスキー作曲「展覧会の絵」の連弾バージョンの前半に出演致します。連弾版はA.Schafer, C.Tschernow というたぶんロシアの作曲家によるもので、国際楽譜ライブラリー(imslp)からダウンロードしたものです。この連弾版は原曲と順番が違っていて、曲間に挟まるプロムナードも省略されています。とは言え原曲のサウンドの厚みやリズミカルな面白さが十分に生かされた編曲で、YouTubeでは見当たらないバージョンなのですが、とても弾きごたえがあります。当日は簡単なナレーションをはさみながら、原曲通りの順番で演奏します。

「展覧会の絵」はソロでは一生手を付けなかったと思うのですが、今回を機にいろいろなソリストの演奏を聴くにつれ、何度聞いても作曲家の個性とソリストの個性である解釈が飽きないですし、聴くたびに名曲に引き込まれます。私としてはこの企画に関われてラッキーでした。

恐る恐る活動中

5月末頃にコロナ禍がいったん収まりそうな気配もありました。そのため6月からはピアノ教室は通常通りに対面で、7月からはコーラスのほうも人数を制限しながら(男声と女声を分けたりして)始めています(3団体のうち2団体)。どちらもマスク着用、換気、手の消毒に協力していただいています。今のところ私の周辺で知り合いが罹ったという身近な情報は無く、恐る恐る活動を始めていますが、ピアノの生徒の皆さんは楽しそうに来てくれますし、コーラスの80歳前後の方たちもお休みが多いのではとの予想に反し、ほとんどの方が元気に笑顔で集まってくれています。シニアのコーラスでは、窓を開放し、間隔を空けて並んでいただき、マスク着用のまま主にハミングで歌い、時々歌詞を入れて普通に歌います。歌い慣れていたものを歌っているので、無理やり出すような固い発声も少なくマスクのままでも案外綺麗です。

とは言え、次第にまた感染者数が増え始め、この活動も悩ましい限りです。私としては緊急事態宣言が再度出され学校が休校にならない限り、注意しながら活動をしていくつもりではありますが。
気候が不順な折り、皆さまくれぐれも体調にお気を付けください。免疫力が落ちませんようにお互い注意しましょう。

女声組
男声組
番外編。我が家ではめだかの赤ちゃんが10匹産まれました。白い点みたいのが赤ちゃんです。

合唱団で話し合い

今月はまだ時期尚早ということで私のシニア合唱団はお休みでした。
ただ、先日と今日、2団体の役員さんと話し合いの場を設けました。
そして2団体とも、来月から実験的に練習を再開することに決まりました。
もちろんマスク着用、こまめな換気、間隔をできるだけ空ける、平熱であることを注意しつつです。

久しぶりに顔を合わせてお互い刺激をもらうことで元気が出る、外の空気や仲間とのつながりに癒される、ハミングや母音で歌いながらハーモニーを作り、難しい音程やリズムを確認する、伴奏に合わせて音楽に乗ることを楽しむ、そんなことが当面の目的です。

残念なのは、9月にさいたま芸術劇場小ホールで予定していた「レッツ・スィング」の20周年記念コンサートが中止になったことです。もともと4月末に予定していたコンサートを9月に延期したのですが、それも叶わずでした。客席の人数制限は覚悟済みでしたが、舞台上の人数制限、楽屋の人数制限により不可能となりました。今後は、ワクチンが出来て、世の中で普通に合唱が出来る状況になるまで待つしかないですね。(ウェーン( ノД`)シクシク…)

 

散歩中にもうコスモス、早くない?
我が家のコブシは今頃狂い咲き(-_-;)
これが正しい今の季節の花

自宅レッスンに戻りました

未知の新型ウィルスの感染力に驚きながらステイホームをしていましたが、あっと言う間に6月です。なんとか緊急事態宣言は解除されたものの、ウィルスはまだまだ無くなることはないようです。

夫の薬を2か月おきにもらいに行かなければならないのですが、12月の時は、インフルエンザを恐れつつ受診しました。2月の時は新型ウィルスを警戒してマスクはもちろん、コートも着たまま付き添いさせてもらいました。それでも次回の4月頃には収まっているでしょうなどと予想しつつ。ところが4月は受診するのも怖く、病院に連絡し夫は受診せずに、私が薬だけ取りに行きました。この時も次回6月には収まっているでしょうなどと予想しつつ。さて、6月になりそろそろまた薬を取りに行かねばなりませんが、やはり出来ることならまだ受診は避けたいですね。本当に長期に渡り厄介なウィルスです。

とは言え、さいたま市は感染者ゼロと言う日も続き、だいぶ収まっている気配ですので、今月からピアノのレッスンをオンラインから自宅へ戻しました。生徒の皆さんがご家族も含め全員元気でいてくれたことは本当に嬉しいことでした。やはり直に会話できると、伝導温度も温かく、その生の波動を体感できるので嬉しいことです。それをあらためて感じさせてもらえています。

次第に活動が始まりつつありますが、残念ながら合唱のほうは休止状態がまだ続きそうです。今後第2波第3波が予想を覆して来ませんように、そして皆で屈託なく声を出し合える日が早く来ますようにと願うばかりです。

LINEでの我が家の安否確認