コロナ禍の夏にて

7月と8月があっと言う間に過ぎ去りました。
今年の夏はコロナ禍と厳しい暑さの中でした。冷や冷やしながらの活動ですがそれでもピアノ教室ではほとんどの生徒さんが普段通りに来てくれましたし、合唱団のほうも、人数の多い「レッツ・スィング」は男声と女声に分けて半分ずつの時間を使いながらですが7月3回、8月2回のレッスンを、「さかなの会」は7月2回、8月3回のレッスンが無事に出来ました。

また普段の仕事に加え、7月に1回、8月に2回の本番がありましたので、その練習や合わせが入り、そして当日の本番とで結構忙しくもとても勉強になった充実した日々でした。

7月の本番は、例年の与野音楽連盟主催の「音楽家の集い」でのソプラノ伴奏5曲、そして8月には初体験のNHK合唱コンクール小学校部門の埼玉県本選で、課題曲「好奇心の扉」と自由曲「ポプラの木に囲まれた村で」の伴奏をしてきました。

NHK合唱コンクールは、何気なくテレビで聞いていたのと、実際関わってみるのとではそのレヴェルの超高さに大きな驚きがありました。いやー、小学校であっても県やブロック優勝校のレヴェルというのは本当に凄いです。普通の小学生が一生懸命頑張っていつもより上手に歌えましたくらいでは次のステージには行けないのです。国際コンクール優勝並みのレヴェルが要求されています。その為には熟練された指導力と特訓とが必須の世界ですね。

私自身コンクールは大の苦手ですが、今回、共に目指した小学生との付き合いを通して、彼らにとって最高の一夏の経験だったと感じさせられ、私のコンクール嫌悪感はすっかり改めさせられました。音楽の神髄への真剣なアプローチ、感性の集中、上手な演奏との違いの分析、一緒に歌う仲間への配慮、より良い発声、そんな諸々のことが小学生時代に学べるって凄い貴重な経験だと思います。私自身も真剣に取り組む小学生たちから人生のギフトをいただけたように思え、結果は出ませんでしたが、この貴重な経験に感謝です。

8月2回目の本番は、大宮音楽家協会主催の「名曲コンサート」でした。一昨日無事に開催、終了できました。私は「魔王」の伴奏、オペラ「トゥーランドット」より抜粋5曲の伴奏、音楽物語「ペールギュント」連弾版での後半4曲を弾いてきました。どの曲も本当に勉強になりました。中でも「魔王」はお断りしようと考えたくらい弾ける気がしなかった曲ですが、この曲だけは6月くらいから1日も欠かさず毎日練習しました。弾き切るために必要な筋肉が落ちて欲しくなかったし、連打の感覚を忘れてはいけないと感じたからです。

当日は、太って少し窮屈になったドレスがサポーター代わりにお腹周りをぎゅっと閉めてくれたおかげで、逆に腕が少し楽になりました。「魔王」はじめ無事に弾くことが出来、お客様(いつもの3分の1ほどでした)にも喜んでいただけたようでホッとしています。ドレスに感謝かな。

9月からのコロナ禍の中の活動がどうなるか依然未知数ですが、怖いながらも臨機応変な心持でいようと思います。

NHK合唱コンクール マスク着用、無観客で行われました。
ペールギュントではヴァイオリン、フルート、ソプラノ、ダンスも加わりました。写真の時だけマスクをはずしています。

レコードプレーヤーとお別れ

結婚してまず買ったものがレコードプレーヤーとアンプとスピーカーだった。夫と秋葉原へ行き、店内で二人でいろいろな響きを真剣に聞き、夫と意見が一致したものを揃えた。まだ子供を産む前で、将来の大変さも人生の荒波も知らず、好きな音楽を良い響きで聴きたい一心で、貧乏夫婦にもかかわらず結構気前よく買い揃えた。結果的には、それは本当に素晴らしい響きを長年にわたり我が家にもたらしてくれたのだった。

スピーカーはタンノイで、レコードプレーヤーはデノンだったが、その組み合わせは、本当に最高だったし最高の思い出の音だったと思っている。しなやかで柔らかくて深くて濃淡の幅が大きくスケール感もあった。

けれどたぶん、20年くらい経過するころからスピーカーにわずかな雑音が入り始めたり、レコードからCDへと変わるにつれ、新たなプレーヤーを購入したりアンプを変えたりしていき、そのうち夫が倒れたこともありスピーカーもレコードプレーヤーもただの大きな置きものとなってしまった。

老いたスピーカーのほうはそれでもごまかしつつ夫が使用していたけれど、5年位前にハードオフで新たなスピーカー(DIATONE)と交換した。現在は、リビング横の夫の部屋に新たなCDプレーヤーとアンプとスピーカーが揃えてある。この音はリビングでも聞くことが出来、我が家に響く新たな音はこれはこれで結構爽やかな良い響きではある。

さて、老いて壊れたままのレコードプレーヤーの処理はなかなか踏ん切りがつかずピアノの部屋に眠ったままであった。しかし先日とうとう終活せねばとハードオフに運び込み手放した。手放してみると、ことさらに幸せを運んでくれたかのようなその若い頃の響きが懐かしく思える。

レコードプレーヤが置いてあった場所に観葉植物を置いた。壊れたものを置いているよりは気持ちが良いかな。

ピアノを弾いています

このところ真剣にピアノを練習しています。7月に伴奏する本番が2つ、8月に伴奏と連弾の本番が2つ予定されているからです。年齢的に本番で演奏できること自体有難いことと感じていますし弾けるうちに弾いておきたいと考え、お引き受けしているのですが、只今準備している中の1曲に「魔王」があります。あのシューベルト歌曲の超名曲の「魔王」です。

馬が疾走するように弾かねばならない連打の連続をご存じかと思います。楽譜を見た限りでは、「ふむ、なんとなく弾けるかも…」などと思いついついお引き受けしてしまいましたが、その後実際に練習を始めてから1週間は毎日お断りしようと悩みました。とにかくオクターブと和音の超高速連打なのです。しかもずーっと。あーでもない、こーでもないと工夫を重ねても無理!そこでピアニストの友人にごまかし方を聞き出し、練習の計画とごまかし方の計画を立て、やっと2週間して今では腹をくくって日々練習を続けています。

ピアノの横に置いて力んできたときに握っては動きを確認

効果があったのは、写真の100均タンバリンと御木本先生開発の道具でした。指で弾かずに主に手首の関節から連打をするわけですが、丁度5~6度音程くらいのタンバリンを鷲掴みに握って手首で細かく動かすと次第に感覚がつかめてきます。タンバリンについている鈴の音が鳴ってくれるので身体に覚え込ませやすいです。腕の変な力もだいぶ抜けてきた感じです。(御木本先生の道具はオクターブの連打パターンに使用。)まだ途中経過ではありますが、やっと練習が楽しみになっているところです。この年齢でこんな経験が出来るなんて有難や有難や。

 

今年もきれいに咲いてくれました。コロナ禍の中の息抜きのマイガーデン。
長女の作品。甥っ子へのプレゼント。凄い!

発表会を終えて

先月21日に無事に発表会を開催出来ました。
生徒の皆さん、この日に向け本当に頑張ってくださいました。本番は初めての人も、何回か経験した人も誰でも緊張しますが、緊張しても力を発揮してくれるってすごいなと思いますし、これほど真剣に緊張する経験は普段あまりないことと思いますので、きっとこれからの自信へとつながってくれることと思います。

そしてこれからもピアノが好きでいてくれると良いなあと切に望みます。私としては基礎的なことを身に着けてほしいあまり、ついつい「違う違う、ダメダメ」になりがちなのですが、「ほら、気持ちよくなった、ほら弾きやすくなった」を一緒に体感させてあげる指導を心掛けないといけないのですよね。これからも頑張りまーす。

プログラム裏表紙には夫の切り絵を使っています。
終えてからマスクをはずしてポーズ。皆さんコロナに負けず頑張りました。

いよいよ発表会です

発表会が近づいてきました。コロナ禍の中、生徒の皆さんと共に頑張って準備をしてまいりました。生徒さんから寄せられたコメントを当日のプログラムに添えますが、多くの生徒さんが、「最初は難しかったけど、弾けるようになってきたら楽しくなりました。」といった内容で書いてくれました。皆さんには発表会に向けて挑戦していただいた感じで、普段弾いている曲よりグーンと何段階も難しい曲だった生徒さんもいたのですが、結果的に皆さん弾けるようになりました。時には目標に向けて挑戦し、ピアノの楽しみという駒をさらに前へ進めるのも良いことと確信しています。

さて、私も講師演奏をします。今回は、ショパンの即興曲1番です。発表会というのは講師はとにかくいろいろ気遣い等もあり忙しいので、小品の弾きやすいものと言う感じで選曲したつもりでした。が、コロナ禍の中ですっかりバアバに甘んじていた身には、譜読みとなんとなく弾くところまでは簡単でしたが、そのあとがそうは問屋が卸さずでした。ショパン独特の洗練されたニュアンスがなかなか表現出来ず苦戦しました。やはり、何でも弾きこんで弾きこまないと、簡単に出来るものは無いということですね。私なりに悩みながら弾きこんでいくにつれ、この曲の持つショパンの天才的な豊富なアイデア、洗練されたセンスにすごく魅了されてきました。安易に選曲したときには感じなかったいろいろな魅力がたくさん見えてきています。

再び緊急事態宣言

年が明け今年はコロナが終息に向かい良い年となりますようにと願いを込めた矢先に、緊急事態宣言が再び出されてしまいました。昨年来からのgo to travel やgo to eat が吉と出るか凶と出るか、どうなの?となんとなく危なげに思っていたのですが、ストップをかけるのが遅かったのか、結果としては凶のほうに針は傾いてしまった感じです。

緊急事態宣言を受けて合唱団はとりあえず今月はお休みになりました。来月からは状況次第です。声を出さないでいること、歌わないでいることは、今できる様々な娯楽がほかにあるとは言え、これは微妙にストレスで、喉の筋肉も呼吸の筋肉も衰えそうです。合唱団の団員の方々を想像すると、おそらく多くの皆さんが前向きに生活してお元気でいらっしゃるだろうとは思うのですが、昨年、緊急事態宣言後に再開した時にはそれぞれの団で一人、二人、認知症が進まれたり、持病が進行されたりで休団や退団された方がいらっしゃいました。原因は合唱団のお休みのせいとは言い切れませんが、とても寂しい出来事でした。今年はそんなことの無いよう、皆さん全員と元気に再会したいですね。是非、来月かそれ以降の再会を楽しみにしていただければと願ってやみません。

ピアノ教室のほうは、対面で続けています。オンラインを希望される場合は対応する旨のお知らせを出しましたが、皆さん学校が休校ではないこともあり、通常通り元気に来て下さっています。もちろん、マスク着用、換気をしながらです。

そういえば実は今月9日に、息子の講演がさいたま芸術劇場で予定されていましたが、残念ながら中止になりました。本人はもとより主催関係者全員が結構な力を注いで準備していた企画だったと聞いていまして、我が家でも楽しみにしておりました。日本全国、いや世界中で多くの方々がこんな残念な思いを経験されているのですよね。我慢とポジティブシンキングが試される日々であります。

こんな企画ものでした。残念ながら中止となりました。

na

明けましておめでとうございます

(絵は夫による切り絵です。)

今年は、昨年1年悩まされたコロナ禍が終わりますようにと切に願いつつのスタートです。このお正月は我が家の場合、近くに住む子供たちが集合し屈託ないおしゃべりは楽しめましたが、例年氷川神社まで一緒に片道30分ほど歩きお参りするところ、コロナが怖いのでこちらの例年行事は無くなり三が日が明けてから別々に行くことになりました。

さて昨今は新型コロナ感染状況が収まらないとはいえ、コンサートは少ーしづつ対策を講じながらの様々な形のものが増えつつあるようですね。私は最近オンラインコンサートを折に触れ視聴しています。若手の素晴らしい一流の方々が、オンラインでどんどん発信していらっしゃいます。それを楽しめることはとても有難くもあり、ジャンルにとらわれずに何でも弾きこなす若手の意欲的な姿に新しい時代の音楽の在り方を感じたりしています。
ただ、素晴らしい演奏にくぎ付けになるとともに、自宅でちょろちょろ弾いている自分との宇宙的な距離もあらためて感じざる得ません。生のコンサートを聴きに出かけた時よりも何故かmore愕然なのだ。

Bloom where God has planted you

そんな時ふと、こんな言葉が浮かびます。渡辺和子氏の著作は実は恥ずかしながら読んでおりませんが、そうだそうだ今年はこの言葉を胸に、私なりに背伸びし過ぎることなく(年齢的にも)丁寧に活動していければ良いなと思うのです。

皆様にとっても良い1年となりますように!

インスタで見るものとはほど遠い我が家の手作りごちゃっとおせち。それでもおいしかった。

仕事納め

今年は、コロナで始まりコロナで終わる大変な年でした。私は予定していた本番が次々消滅してしまい、空しいままに諦めることを学びましたが、ただそんなコロナ禍の中、周囲の方々や家族も皆なんとか元気に過ごせたこと、この状況なりのつながりも持てたことは、何よりも有難くそのことだけで感謝したくなる、そんな思いを持てた1年でもありました。

混声コーラス「さかなの会」は4月から6月の3か月間休み、7月より練習を再開しました。毎回ほとんどの方が元気に集まってくださり、今年は今月20日に無事に終わりました。「星影のエール」(NHK朝ドラの曲)を練習した後、「きよしこの夜」を歌ってなごみつつ歌い納めをしました。

混声合唱団「レッツ・スィング」はやはり3か月休んだ後、7月から練習を再開しました。人数が多いので女声と男声とに分け、入れ替え制でそれぞれ50分ずつの練習でした。今月24日が歌い納めでしたが、毎年恒例で忘年会の時にミニミニコンサートをしています。ピアニストさんと私とで演奏します。今年は忘年会こそ出来ませんが、ミニミニコンサートは行われました。女声のときと男声のときとの初の2回公演です。私にとっては久しぶりの本番でした。ショパンの遺作のノクターン嬰ハ短調、ピアニストの坂田先生と連弾で「プロヴァンス地方のクリスマスの歌」(リストが子供向けに作曲した曲)と「情熱大陸」を演奏しました。コンサートは毎年ぶっつけ本番で、緊張感ありありとは言え、それだからこそゲットできる楽しさもあり、今年も「情熱大陸」で大いに盛り上がって楽しく終えることが出来ました。

ピアノ教室は今日28日が仕事納めでした。4月は全て休み、5月はリモートレッスン、6月より通常の対面レッスンに戻りました。不自由なリモートレッスンを経て対面レッスンに戻ると、これまで以上にどの生徒さんも真剣に取り組んでくれている様子が感じられ、レッスンが再開出来て本当に良かったと感じました。来年は、3月に発表会を予定しておりますので、新年早々4日から始めます。

来年はコロナが終息して欲しいですね。これ以上悪い方向へ行きませんよう願うばかりです。どうぞくれぐれも体調に気をつけて、良いお年をお迎えください。

坂田先生の自作曲演奏。可愛らしい素敵な曲です。お子さんの笑顔が見えるようです。
ショパンの遺作のノクターン嬰ハ短調。ショパンは時代も世代も超えています。
情熱大陸をぶっつけ本番とは!私達凄くない?

鬼滅の刃効果

今年に入ってすぐの頃、小学4年生の女子生徒さんから「先生、私、キメツノヤイバが弾いてみたい。」と言われました。彼女は、昨年の4月からピアノを始めたばかりで、昨年暮れの発表会では「ぼくドラえもん」と連弾での「シオカラ節」を猛特訓の結果バッチリ決めてくれました。
昨年「シオカラ節」を決めるときも、えっ?なに?と聞きなおし、YouTubeで彼女が指し示す動画を聴いては、へー!とそのゲーム音楽に軽くカルチャーショックを受けたものでした。しかし、発表会で披露できるようカッコよく編曲してみようとの意欲が湧き、伴奏の編曲にチャレンジし、メロディは黒鍵だけで弾けるので彼女に教え込み、本番の連弾は大成功だったのでした。

「キメツノヤイバ」も「えっ?なに?ちょっと紙に書いてくれる?」から始まり、「鬼滅の刃」だとこれまた指し示されたYouTubeで知り、その初心者バージョンのピアノ演奏がYouTubeにあり、それをそっくり弾きたいのだと理解できた次第。さーてどうしたものかと思っていたところに、コロナの自粛期間で時間がたっぷり出来たため、ピアノ独奏用楽譜を作り上げることが出来たのでした。

6月から通常のレッスンに戻ってから楽譜を渡すと、彼女は大喜びでまるで「鬼滅教」みたいにどんどん頑張ります。今では全曲最後まで本来の速さで弾いてしまいます。ピアノを始めて1年半なのに好きこそものの上手なれ、凄い効果!

今、どの生徒さんに聞いても知ってる「鬼滅の刃」。そこで私もまずはテレビで放映されたアニメを見て勉強。ハマると次に、すぐ近くの映画館へ見に行き、なるほどーと楽しみました。卑屈な鬼と戦うわくわく感、人の心の温かさ、修行する真面目さ厳しさ、人間の哀しさ等いろいろな要素が魅力です。

先日、小学4年の男の子がレッスンを終えてから、「先生、映画を見てみんな泣いたって言ってるけど、先生は泣いた?」と聞くので、「んー、泣きそうになったよ。ジーンときたよ。」と答えると、「どこらへんでそうなった?」と聞かれ、「だって、あの本当に強い煉獄さんが一生懸命全身込めて戦いに戦い抜いたのに、最後にはやられてしまい、それでも人間としての強い気持ちやきれいな心をを失わずに炭治郎に伝えるべきことをしっかりと穏やかに伝えていく姿に心打たれたし、炭治郎も煉獄さんを助けてあげられなくて悔しくて悔しくて泣くところは本当に見ていて気持ちがわかり泣きそうになったよ。」と答えました。「うん、うん、そうだよね。」とうなずきながら彼は帰っていきましたが、こんな話が小学生と出来て気持ちが通い合えるなんて、珍しいことかもと嬉しくも感じました。

中学生の生徒さんには少々厳しく「それじゃ、鬼に食われちゃうよ。」などと言うと笑いながら理解してくれたり、合唱団でも水の呼吸、風の呼吸などと引用させもらって「鬼滅」を重宝しています。

さて本を読んでいない私は、早く次を見たいな!

編曲バージョン。それぞれ1ページ披露です。

さきたま古墳群見学会

何年か前に、行田のさきたま史跡博物館を訪れたことがあります。この時は、考古学の仕事をしている息子がその建物内で発掘調査報告等の発表をするというので出かけたのですが、大変な猛暑で同じエリア内にあるさきたま古墳群を見学するに至らず、博物館の国宝の鉄剣等の展示見学のみで終わったのでした。ですから、それ以来古墳群を見てみたいと思っていたのですが、ようやく先日実現しました。

お天気も良く、久しぶりに長女、次女家族、息子と合流し(夫は歩けないので残念ながら留守番)、しかも専門の解説員(息子)付き!ですから展示と古墳と公園散策とを青空の元で気持ちよく満喫できました。

古代のこととなると、普段特別に興味を持っていない者にとっては、解説が付くのと付かないのとでは、全く見方が変わると思います。我が家は身内が解説員のため、気兼ねなくド素人的質問が出来、おかげさまで遠い古代人が現代人と同様に身近に感じられたことは本当に感謝です。よく、古代への想いを「ロマン」という言い方をしますが、推察の域を出ない事象も多いとは言え、むしろ当時の生々しい人間の営みや宿命を科学的に実証していく作業であり、その積み重ねであると言えるようです。

将軍山古墳
身近な動物の埴輪
頑張ってよく歩いた孫

さきたま史跡博物館と古墳群についてはこちらのガイド等をどうぞ。