夏休み

 超猛暑が続き、家の中でさへクーラーのある部屋と無い部屋との往復だけで身体がおかしくなりそうです。年齢的にも、ここはなるべく頑張らないよう心がけようと思い、しなければならないことは山のようにあるものの、「夏休み」を自分に言い聞かせています。

 先日、ジムのトレーナーさんが夏バテは無いですか?痛むところはないですか?食欲は落ちていませんか?眠れますか?と聞いてくれましたが、あらためてなんとかすべてOKだということは、おかげさまで(喉から出そうな愚痴はいろいろ抱えつつも)幸せなことに今のところは上手く乗り越えているということなのかもしれません。

 今年の夏休みとしては、と言っても普段とあまり変わらない気もしますが、「インディジョーンズ」と「ミッションインポッシブル」の最新作を見ました。深刻な映画は見る気せずドキドキワクワクのアクション系を選択。ハリソンフォードもトム・クルーズもすごーく頑張っていて素晴らしいパフォーマンスを披露してくれていたのでどちらも大満足。それから「北の国から」のDVDを借りて初回から24話まで一気に鑑賞しました。これは1980年代当時私は見ていなく、いつか見てみたいと思っていたのを実現させました。倉本聡の原作と脚本も素晴らしいのですが、田中邦衛、いしだあゆみ、そして子役の吉岡秀隆、中嶋朋子の演技がすごく上手で引き込まれました。ただ、24話の後も、子供たちが青年に成長し巣立つ様子が続くようですが、私はここで終えました。というのもその後のあらすじを読んでみると、私としては、なぜに倉本氏はあんなに健気な純と蛍をそんな人生にしていくのと、少し不満だったからでした。時代の波に合わせない家族の魅力が時流の問題に合わせたものを提供しているみたいに感じたからです。(あらすじを読んだだけですので批判は出来ないですけどね)

 久しぶりに姉と一緒に島根へ旅行にも行きました。出雲大社と足立美術館と温泉が目的でした。それぞれ非日常を楽しみつつリラックス出来ました。帰りがけにおまけで米子から境港まで行ってみました。そのJR境線がゲゲゲの鬼太郎列車で、これは楽しめました。それがきっかけで帰宅してから水木しげるの本も購入して読みましたが、とても面白かったです。そういえば今日は広島への原爆投下の日で、まもなく終戦記念日です。水木しげるの戦争体験記では庶民の一兵卒から見た戦争の不条理が描かれていますが、その地獄が現代の「戦争」とも重なり、あらためて世界の平和を希求します。

稲佐の浜

   

境港駅

 

発表会お疲れ様でした

6月17日に産業文化センターにて無事に発表会を開催出来ました。
参加された皆様お疲れ様でした。
「楽しかった!」「緊張した!」とその後のレッスンではいろいろな反応でした。満足したり、ちょっと失敗したのが悔しかったりと、まあ、どんなプロでも同じことかと思いますよ。

ともかく全員、最善を尽くしてくれて、嬉しく思いました。また、大人の部は小学生はロビーに行ってしまうかなと思いきや、結構皆、ずっと聞いていてくれてそれも嬉しいことでした。発表会での大人の方々の様に大人になるまで、更に私のようなお爺さんお婆さんになるまでずっとピアノを楽しんでくれることを願っています。

さて、発表会を終えて、日頃、我が身の筋肉の無さ(特に足の筋肉)を嘆かわしく思っていた私は、先日ジム初体験をしてまいりました。トレーナーさんが指導してくださるので、無理はしていないのですが、少し体験しただけで帰宅後から経験の無い太もも筋肉痛(普通に歩けるので程良いと言えるのでしょうか)を味わっています。ピアノも身体も衰えないようにしていきたいものですね!

楽しい1日でした。

発表会は6月17日

6月になりました。まだ関東は今日2日の時点では梅雨入り宣言はありませんが、最近雨ばかりなので、もうすぐにでもありそうです。

今月に入り、発表会の準備で忙しい毎日です。生徒の皆さんも仕上げを頑張っています。2か月くらい前は、弾けなくてどうなることか、曲を変えようかなどと思っていた生徒さんも、すらすら楽しんで弾けるようになってきました。効果的な正しい練習をすれば、弾けるようになるとわかってもらえたかな。

私はこの発表会で近くに住む友人と、ガーシュインの「ラプソディ・イン・ブルー」を連弾+クラリネットのバージョンで演奏します。昨年10月に同じ友人と初めて演奏しましたが、やはり、何度か弾かないと身体に馴染んで来ないことがわかりました。今回は前より少しガーシュインに近づいてきた感触を持っています。「ラプソディ」とは自由奔放な民族色のある形式ですが、その自由奔放が難しいところですし、民族色、この場合はジャズ的なものですが、これまた感覚的に難しいところです。でも、弾いていてとても楽しい、なんといってもこの世に残された名曲の一つをこの手で摑まえ表現出来ることは幸せなことです。

生徒の皆様も、本番まであと少し、それぞれ名曲ですのでそんな幸せを練習の時間に感じていただけると嬉しいです。

今年の発表会プログラム

新学期にて

新年度が始まり、4月がもう少しで終えるところです。学生の方々もようやく慣れてきたところかと思います。

今月の我が家の一番のニュースは、次女家族の引っ越しでした。同じ地域に住んでいたので、これまでは何かと孫たちの世話をしたり一緒に遊んだりしておりましたが、今はもう彼らはアメリカのシカゴ郊外です。LINEでお互いの様子がわかるご時勢とはいえ、昼夜全く逆の遠い日本から毎日無事を祈るばかりです。

さて、今月は混声合唱団「レッツ・スィング」の久しぶりの合唱祭出演がありました。(23日さいたま市文化センター)
全33団体の出演でしたが、なんとその一番最後という抽選での順番でした。コロナの影響で、会場で他団体を聴きながら待つ長い時間の中で、皆で声を出す時間の設定も無く、リハーサルも無く、3団体前に通路へ出たその時だけが唯一準備の時間でした。
「はい、首回して!次は肩、背中、腰回して!はい、その場駆け足しよう!はい、吹き矢50回ね!軟口蓋持ち上げて軽くにゃんにゃん言っておこう!出だしのテンポ確認するよー!」などなどドア係りの方に笑われながら大急ぎで歌う態勢へと準備です。舞台袖へ移動してからは各自精神統一していただき前団体の演奏を待ちますが、前団体は、なんと浦和一女のOG合唱団La Merです。全国大会でも賞をもらってる超優秀合唱団。若くつやのある美しい声が聞こえてきます。しかし、まあ、年齢差も実力差もありすぎて、平均年齢80歳の我が団員の皆さんにとっては特に気になることもなかったような感じも。

さてさて、その本番での講評ですが、私はそれを読み、今月の寒暖差の激しかったことによる体調不良的な身体の重さがおかげさまで一気に吹き飛びました。

「無理押ししない男女の声がうまくミックスし、美しいユニゾンで歌えています。ハーモニーのバランスも良く心地良い演奏。各パートとも力まず、柔らかい声で歌われていることがとても素晴らしい美しい合唱となっています。今後もその方向で頑張ってください。」

これって私が目指したかったことです。団員の皆さんに感謝!来月からもその方向で頑張りまっす!

転勤でお別れした生徒さんから手作りカードをいただき大感激!新中学生生活も頑張ってね!

今年の桜見物は北本市へ。石戸蒲桜、北本自然観察園、子供公園、城ケ谷堤、高尾さくら公園、どこも素晴らしかった。

 

シカゴのスーパーは二人乗りのカートがあるらしい。どこへ行っても広くて大きいとか。

少しづつ春です

先月の光熱費は過去最高値でした。我が家では寒い時期は居住空間のガスストーブとリビングの床暖房と寝室のエアコンはついついケチらずに使用してしまいますが、先月は請求書を見てびっくりでした。さすがにこれは倹約しないといけない!と思ったところに今月に入り随分と暖かくなり、床暖房も寝室のエアコンも不要となり、ガスストーブもそろそろ仕舞っても良いような気温となり倹約は棚上げです。今日は平年に比べて10日早く東京の桜の開花宣言があったくらいです。

巷のコーラス活動も少しづつ戻り、様々なコンサートの情報が入るようになりました。ほぼコロナ前に戻っているように思います。私の「さかなの会」も、先週「見沼文化まつり」という催しで発表してきました。マスクを外し皆で気持ちよく歌えたように思います。「レッツ・スィング」も来月の浦和文化センターでの「合唱浦和の会」の発表に向けて本腰を入れているところです。

ピアノの生徒さん方も、年度の変わり目で忙しいようですが、心なしかコロナも収まり傾向で元気が戻っているような感じもします。合唱の伴奏に選ばれて見事に演奏してくれた生徒さん、転勤の為今月いっぱいのレッスンをこれまでにないパワーで練習してきてくれる生徒さん、新1年生に向けてしっかりお姉さんに変身した生徒さんなどなど、皆さん頑張ってくれて嬉しいこの頃です。

このままコロナやらで委縮した活動にならずに、元の様に様々な活動がのびのび続けられることを願うばかりです。

混声合唱団「さかなの会」。お休みの方の分も歌えました。「気球に乗ってどこまでも」が好評でした。
我が家の姫コブシ。古民家のような我が家となりましたが、姫コブシと35年の付き合いです。

京都旅行

中学と高校の修学旅行はどちらも京都でした。世間知らずの典型だった私は、京都の修学旅行がどのような意味があるのか、高校3年生の時点ですら考えていませんでした。浅はかな学生の私には歴史も遠い、日本の文化も遠い、ましてや仏教や神社のことなど遠い遠い存在でした。

50代で夫が倒れた後、どこかへ連れて行きたくて、紅葉の京都を選び、京都駅から観光バスに乗車して穴場的な紅葉を堪能したことがあります。この時初めて心から京都を観光した気分でした。紅葉の景色が目的でしたが、それが本当に美しく今でも脳裏に残っています。この時は、夫も今とは全く違い(今は不可能)、杖をついて良く歩いてくれました。

今回は、中学、高校で行った京都の典型的な場所をもう一度行ってみたいと思い立ち、夫を預け一人で周ってみることにしました。学生の頃と違う自分の中の成長を何か感じられるのではとの期待も込めて。

智積院(我が家のお坊さんが真言宗智山派だそうでまずはここにお参り)、三十三間堂、清水寺、八坂神社、建仁寺、翌日に金閣寺、龍安寺、仁和寺という弾丸1泊旅行でした。

さて学生だったころから、私は成長しているかについてですが、「大いに疑問」というのが自分の答えでした。けれどただ一つ、大きく違ったのは、「金閣寺」が実に美しいと感じた事、鮮烈な景色として目に飛び込んできたことは成長なのかどうかはわからないけれど、旅の大きな収穫でした。それから、旅行を振り返るたびに、日本の文化や独自の景色や神社仏閣の美しさが美しいままずっと存続して欲しいと脳裏の映像とともに願う気持ちが湧いてくる、そんな点はわずかな成長なのかもしれません。

 

寒中お見舞い申し上げます

昨年3月に義母が旅立ち、今年の新年のご挨拶は控えさせていただいております。
昨年は大変お世話になり有難うございました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年12月18日には大人の発表会「ブリランテの会」を無事に開催出来、ご出演の皆さまの熱演のおかげでとても聴きごたえのある良い会となりました。ご出演の皆様有難うございました。また今年も秋以降に開催する予定ですので、日頃の目標になさっていただければ嬉しく思います。

魚水愛子ピアノ教室発表会の方は今年のホールをすでに取りました。6月17日(土)産業文化センターホールです。楽しい会になりますよう頑張りたいと思います。どうぞご予定ください。

もう一つ、今年の大きなイヴェントとして、混声合唱団「レッツ・スィング」の20周年記念コンサート復活版があります。10月22日(日)大宮レイボックホール小ホールです。本来2020年の4月に開催予定でチラシやチケットまで作成しておりましたが、コロナで断念せざる得ませんでした。団員の平均年齢は2歳上がりましたが、平均年齢80ウン歳とは思えない温かなハーモニーと昭和の名曲のそれぞれの心情を人生を踏みしめてきたからこその表現で響かせてくれることと思います。いよいよ今月から団員とともにコンサートに向けて再び準備始動します。団員の皆さんの健康を願いつつ、私はとても楽しみにしています。まだ先の話ですが、ぜひご予定頂けると嬉しいです。

では、今年も平和と健康を祈りつつ元気に過ごしましょう。

以下の写真は昨年暮れのブリランテの会(於、フェリーチェ音楽院)の様子です。

あっという間に冬ですね

お教室に例年通りのクリスマスツリーを飾りました。ただ今年は真ん中に長女手作りの可愛い刺繡のオーナメントを飾ってあります。私のイニシャルのA が入ってますよ。
12/5大宮ふれあい館でボランティア。クリスマス曲やポップス等、ヴァイオリンとヴィオラで活躍する矢口さんと一緒に演奏してきました。

 

ジャーン。大トロ。これまで生きていて最高の味でした。長女さんからのプレゼント。まさに「芸術」を味わわせてもらいました。このあとドイツ戦に燃えたその日のことでした。

 

仕事の合間に大好きな孫と一緒。大きくなったでしょ。

 

すっかり秋に

猛暑が去り、すっかり秋になりました。朝晩冷え込むようにもなりました。この秋冬はピアノを演奏する機会がなんだかんだちょこちょこあり、老いてはいられず、部屋を暖めて楽譜とにらめっこするこの頃です。そう言えば、少し前に、ガーシュインのラプソディインブルーを友人と連弾で弾きました。これは仕事ではなく、仲間内の発表会みたいなコンサートでしたが、久しぶりにとても楽しく演奏できました。弾きながら、あらためてガーシュインの魅力に引きこまれ、楽しく弾かずして何の意味があるみたいな心境でした。考えてみれば、普通のクラシック曲もそうなのですよね。

毎年10月はハロウィンの飾りを少しして、生徒さんにも小さなお菓子を渡します。あっ今月渡し忘れた生徒さんもいます。ゴメン、来月渡しますね。
家の前にコスモス畑が有り、「ご自由にお取りください」との看板があるので毎年頂いています。
34年来お付き合いの金木犀。だいぶ剪定して小振りになりましたが、今年もちゃんと咲いて香りを漂わせてくれました。
数年前小さな鉢の中の紫の実が可愛くて購入しましたが、地植えにしたところみるみる成長して庭への通路をふさいでいます。でも柔らかい枝なので暖簾のように押しのけて通っています。

 

 

長崎の鐘

先日、浦和コミュニティセンターホールにて、平均年齢80歳を超えた私の誇りの合唱団「レッツ・スィング」が、所属している浦和連協の「クラブ活動交流会」という催しで3年ぶりにコーラスを発表しました。「レッツ・スィング」は一昨年20周年記念コンサートを開催する予定でチラシやチケットまで作成し準備を進めていましたが、コロナの流行で断念せざる得なくなり、それ以来、練習も中断したり再開したりの活動となり、発表の場は全く無くなる状態でした。

今年は現段階においてだいぶ感染者が減り傾向ということで、ようやく発表出来る運びとなり、久しぶりに舞台上でマスクを外して気持ちよく歌うことが出来ました。

コロナ禍の中でずっと温めてきたそれぞれの曲でしたので、今回とても素晴らしい演奏だったと自画自賛しています。曲は「ゴンドラの唄」「銀色の道」「無縁坂」「長崎の鐘」「昭和の歌メドレー、白い花の咲くころ~鈴かけの径(みち)~山小舎の灯(ともしび)」でした。どの曲も懐かしい名曲ですが、その中の「長崎の鐘」(サトウハチロウ作詞 小関裕而作曲)は、団員よりいくらか若い私は実はもともと知らず、団員の希望曲として知ったのをきっかけに、昔の音源を聴きながら合唱用に私が編曲してみたものです。

さて、数年前に練習する曲としてこの「長崎の鐘」を選曲をしたときに、もとになっている実話に接すると、さらにこの曲が胸に響きました。原爆投下地の長崎での実話をもとに作曲された曲だったのです。

この夏に九州宮崎へ義母の納骨式のために行きましたが、帰りに長崎へどうしても寄りたくなったのはこの曲のおかげです。平和公園と永井隆記念館と浦上天守堂は是非とも周りたいと思い実現させてきました。長崎をさっと観光してみて、長崎の街は原爆とキリスト教との重い歴史を地層の中にしっかり抱え込んだ街と思えましたが、グラバー園などの素敵な洋館や大変急な坂の上から見える港や海の景色がそれらの重さを外交的な気概へと向かせてくれている、そんな街にも思えました。

話を戻しこの「長崎の鐘」ですが、大衆歌謡曲としてではなく、平和への祈りや日々の救いを得る名曲として、これからも合唱団で歌い続けていきたいと願っています。またいつの日かレッツ・スィングの歌う「長崎の鐘」をアップしてみたいです。「長崎の鐘」の元になっている実話をご存じない方は、是非「長崎の鐘」や「永井隆」で検索なさってみてくださいね。

永井隆が過ごした家。如己堂。(にょこどう)