さかなの会on見沼区文化祭り

1昨年立ち上げた混声合唱団「さかなの会」は発表できるくらいの人数が揃い、地元での活動が始まりました。昨日、見沼区の片柳コミセンで開催された見沼区文化祭りに参加しました。私の発表会以外では初めての出演ですから今回初デビューです。

 

それはそうと、文化祭りのプログラムを眺めると、公民館祭りのときもそう思いましたが、最近は、音楽系より踊り系が多いのですね。フラダンス、キッズダンス、子どものフラダンス、ヒップホップ…。10年前に比べて音楽系はだいぶ少ない気がします。音楽に携わるものとしてはちょっと寂しいですし、考えなくてはいけない現実かな?

 

 

とは言えコーラスももちろんありました。33団体のうち5団体ありました。出演前に他の団体を聞かせていただいていると、広い会場なのにそれぞれ結構のびのびと声が響いているので、わー、うちは大丈夫かなと少し心配になりましたが、さて、「さかなの会」初デビューは如何に。

指揮者としては、皆さんの声がまとまって良く聞こえOKグーでした。反響板のせいか、いつもの練習以上に残響まで聞こえ、少人数(14名)ながら素敵なハーモニーが作れていたように思います。歌った曲は、アカペラで「春の日の花と輝く」「夜の歌」、伴奏付きで「栄光の架橋」の3曲でした。「栄光の架橋」はちょうど冬季オリンピックの時期だったせいか聞いていただいた方々に好評でした。

さかなの会の皆様お疲れ様でした。これからも素敵な演奏と素敵な仲間を目指して歌っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です