レッツ・スィング

毎週木曜日の午前中は「レッツ・スィング」というシニアのコーラス指導へ出かけます。レッツ・スィングは団員40名ほどの混声合唱で、皆さん60才以上の方々です。

来月、浦和の合唱祭に参加するため、昨日はそこで歌う曲を中心に練習をしました。合唱祭で歌う曲は合唱曲の定番、「翼をください」と「大地讃頌」です。

2曲ともこの団では以前に歌ったことがあるのですが、今回再び取り出してみました。再び取り出すと、団員の方たちの曲への理解が早いのと、以前よりも美しく歌いたいという全員の共通認識もあるため、指摘もさらに細かくすることが出来ますし、音楽に対する理解も深められ、レヴェルアップにつながります。

昨日も「翼をください」では「いまー~」の出だしから注意です。「い」も「ま」も母音が正しく響いていないからです。「大地讃頌」の出だしも然り。前奏が3拍しかないので「ははなーる」の準備が遅く体が開かないまま発声してしまうからです。

この調子で特にソプラノ独特の「70代発声」を、顎の力を抜く、下唇の力を取る、下腹のエネルギーをもっと息に直結させる、などと「自然な響き」を目指し変えていきました。

「文字を歌うのでなく、息で音楽のフィギュアを作るのだ」とも伝えました。

レッスン終了後、ソプラノの古くから在籍しておられる方が、私のところへ来てくれて、「今日は嬉しかった。なんだか今日わかった感じがありました。今まで自分は何をやっていたんだろうと思えました。少し出来たかんじでした。」と涙目で伝えてくださいました。

年齢に関係なく、いつまでも良い方向へと意欲を持ち、少しづつでも前進してくださる姿を拝見でき、またそんなお言葉をいただけて、嬉しいのは私でした。

“レッツ・スィング” への1件の返信

  1. 魚住愛子先生
     週に3回木曜日レッツ・スウィングの一員として足を引っ張っている佐藤和平です。腰痛であまり動けないのでパソコンに向かっている時間が長くなりました。
     何気なく先生のブログを拝見しましたら、今月からブログを再開したとのこと、おめでとうございます。
    無理をせず書き続けてください。
    楽しみにしています。
                                佐藤和平

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です