弾くべきか止めておくべきか

7月27日に「歌声よ届け~魚水愛子とヤングハートな仲間たち」というタイトルでコーラスの演奏会を開催します。私が指導しているコーラス5団体とゲスト2人(娘のヴァイオリニストゆりと知人のテノール歌手川上洋司氏)、そして賛助出演してくださる男声合唱団コールグランツさんの皆さん合わせて総勢100名近い出演となります。

会場は市民会館おおみや大ホール。開演14:00 入場無料。

(次回のブログにチラシを載せ、宣伝させていただきま~す。)

この1か月、このコンサートの準備で原稿を書いたり、考えたりしているため、とてもピアノを練習する時間がありません。

もう人前で弾くことは無いでしょうし、年齢的にもピアノを弾く緊張から逃れて指導のみに専念したほうが良いとも感じていたのです。

ところが、昨日、所属している与野音楽連盟の仲間から、予定している演奏会にピアノで出るよう誘われました。

もちろんコンサート経営サイドからのお誘いなのは承知の上なのですが、誘われてみると、むずむずと心が騒ぎ始めるのですよ。

「私は人前ではもう弾かないつもりだったのよ。」

「何言っているの。もったいない。まだまだ弾きなさい。」

ナンテ言ってくれると、嬉しいですしね。

そのコンサートは9月21日。産業文化センターホール。有料。

コーラスのコンサートを終えて2か月で用意できるのか、おいっ。8月も忙しいのだぞ、こらっ。

息子に相談すると、これまた責任無いせいか、「一生勉強だよ」などと背中を押してくれるでは。

ああ、私は本来がお調子者の気があるため(いえいえ、勉強のためでもあります)、いくら忙しくても、体力が怪しくともやはり弾いてしまいそう…。

明後日あたりお返事をすることになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です