ルートヴィッヒⅡ世

ドイツ旅行以来、気になる男性がいます。ピアノを練習していると頭をよぎるのです。彼が私の弾くこのピアノを聴いたら、などと頭をよぎるわけです。これでは怒りながら逃げていくだろうとか、滑稽だと笑い出すだろうとか、これで少しは耳を傾けてくれるかなとか、弾きながら彼が気にいるようにと音を工夫したりして、案外良い練習が出来たりもするものです。

気になる男性とは、ルートヴィッヒⅡ世(1845-1886)というバイエルンの王であった人物で、その数奇な生涯は旅行先で初めて知りました。観光地として有名なフュッセンのノイシュヴァンシュタイン城を建てた王なのですが、彼は自分の芸術的趣味を満たす為だけに税金を使って贅の限りを尽くした城をいくつも建設したそうです。(ワーグナーに心酔し、そのオペラの様々な場面を室内の壁画や絵画等に描かせています。)

結局ノイシュヴァンシュタイン城は未完の部分を残したまま、王は41歳で幽閉された後、湖での謎の死で生涯を閉じます。

ノイシュヴァンシュタイン城の中を見学し、伝説、聖書、神話、ワーグナーのオペラ等の中身は詳しくはわからないものの、それらを題材にした異常とも言える芸術へのこだわり方に圧倒されました。

私はこういう男にすぐ惹かれてしまい、一緒の娘たちに、「ねえ、かっこ良くない?」と聞くと、すげないその返事は、「こういう男は女には興味ないって。いかにもそう見えるでしょう。」でした。

えーそんなっ、と後で調べたら、娘たちの方が見る目有り。はい、わかりやした、とは言え、ちょっと気になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です