チャレンジドコンサート

24日のクリスマスイヴの日に、熊谷の八木橋デパート内のホールにて開催された、「チャレンジドコンサート」という盲導犬育成支援・障がい者支援のチャリティーコンサートへ出演してきました。

熊谷で指導している、女性コーラス「けやき」さんのゲスト出演でした。

「チャレンジド」とは、「障害を持つ人」を表す新しい米語だそうで、障害を自分自身のためにも社会の為にもポジティブに活かしていこうという想いが込められた呼称だそうです。

この日のアーティストは大石亜矢子さんという全盲の女性でした。ソプラノ歌手として、またピアノの弾語りの演奏家として活動されているかたで、賢い盲導犬のイレーヌちゃんといつも一緒です。(お子さんも2人いらっしゃるそうです。)

この企画に参加させていただくにあたり、コーラスの伴奏をその大石亜矢子さんが引き受けてくださるとのことで、事前に、伴奏の部分と歌付きのものをCDに起こして、お渡ししてありました。

当日のリハーサル前の控室で待機していたとき、彼女の歌う美しい声とピアノが聞こえてきまして、わっ、良かった、とすぐわかりましたが、リハーサルは案の定、大石さんの温かな音と音楽的な流れに支えられ、とても歌いやすく、演奏する3曲とも2回ずつ通してOKでした。

凄いですね。楽譜が無ければ何も出来ない私としては、視覚障がい者のかたのご努力、才能、ピュアな姿勢に改めて尊敬の想いを持ち、刺激を受けました。

本番は、とても良いコンサートで、大石さんの歌とピアノに聞き入りました。「けやき」さんもバッチリ練習の成果を出せて、皆様に喜んでいただけました。

この日は、日本熊森協会会長でいらっしゃる森山まり子さんによる講演もありました。日本の原生の森を守り残さなければいけないという、とても濃く熱い内容でしたが、これはまた改めて書こうと思います。

思いがけず、クリスマスイヴという日にサンタさんからプレゼントをいただけたような1日を持てました。感謝。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です