再び緊急事態宣言

年が明け今年はコロナが終息に向かい良い年となりますようにと願いを込めた矢先に、緊急事態宣言が再び出されてしまいました。昨年来からのgo to travel やgo to eat が吉と出るか凶と出るか、どうなの?となんとなく危なげに思っていたのですが、ストップをかけるのが遅かったのか、結果としては凶のほうに針は傾いてしまった感じです。

緊急事態宣言を受けて合唱団はとりあえず今月はお休みになりました。来月からは状況次第です。声を出さないでいること、歌わないでいることは、今できる様々な娯楽がほかにあるとは言え、これは微妙にストレスで、喉の筋肉も呼吸の筋肉も衰えそうです。合唱団の団員の方々を想像すると、おそらく多くの皆さんが前向きに生活してお元気でいらっしゃるだろうとは思うのですが、昨年、緊急事態宣言後に再開した時にはそれぞれの団で一人、二人、認知症が進まれたり、持病が進行されたりで休団や退団された方がいらっしゃいました。原因は合唱団のお休みのせいとは言い切れませんが、とても寂しい出来事でした。今年はそんなことの無いよう、皆さん全員と元気に再会したいですね。是非、来月かそれ以降の再会を楽しみにしていただければと願ってやみません。

ピアノ教室のほうは、対面で続けています。オンラインを希望される場合は対応する旨のお知らせを出しましたが、皆さん学校が休校ではないこともあり、通常通り元気に来て下さっています。もちろん、マスク着用、換気をしながらです。

そういえば実は今月9日に、息子の講演がさいたま芸術劇場で予定されていましたが、残念ながら中止になりました。本人はもとより主催関係者全員が結構な力を注いで準備していた企画だったと聞いていまして、我が家でも楽しみにしておりました。日本全国、いや世界中で多くの方々がこんな残念な思いを経験されているのですよね。我慢とポジティブシンキングが試される日々であります。

こんな企画ものでした。残念ながら中止となりました。

na

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です