アナと雪の女王

「アナと雪の女王」を見てきました。都合の良い時間帯には吹き替え版しかなかったので、吹き替え版を見ました。感想は、「超楽しかった~!」です。

久しぶりに仕事も無い1日でしたので、近くの映画館に家事の合間をぬって行きました。今話題になっていることと生徒さんと共通の話題を持てるかなと、年甲斐もなくこのディズニー映画を選びましたが、大正解。ディズニーアニメ映画は昔と変わらず健在でした。おススメです。

はじめの短編「ミッキーのミニー救出大作戦」から、周りのこどもと一緒に声出して笑っちゃったもんね。この頃ではTVで見るお笑いタレントの芸に対して、声を出して笑うなんて皆無ですが、ディズニーアニメではその総合的アイデア、転換の意外性、スピード感等、従来の笑いの伝統と新しいセンスがうまくブレンドされていて思わず笑ってしまいます。見事でした。

「アナと雪の女王」もとても良く作られていました。従来の手法と新しいセンスがうまくブレンドされていますし、画面が美しいのと楽しいのはもちろんのこと、音楽も話題の通り良かったですよ。挿入されている曲そのものも様々な場面にとても良く合い、コントラストが計算されつくされ、大変楽しめますが、驚いたのは、神田さやかさん、松たか子さんの歌唱力でした。アンサンブルも良かったですし、プロの力を堪能できました。

ディズニーらしい「真実の愛」というテーマがしっかりベースにあるので、落ち着いて身を任せられるし、その素晴らしいエンタテイメント性に見終えたあとも魔法のように良い気分にさせてもらえました。

昔、我が家の子供たちがビデオに撮ったディズニー作品を繰り返し見ていて、(母としては子守代わりに見せていたわけですが、)内心、ゲラゲラ笑う我が子たちを見て、この子達ちょっと幼すぎないか?などと思ったものでしたが、ぎゃはっ、こんなことになるとは…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です