発声のレッスンへ行く①

昨日、知り合いのソプラノ歌手のお宅へ、発声のレッスンを受けに行ってきました。発声レッスンを受けるのは数年ぶりです。この年末年始に声が出なくなり、やっと1月半ばくらいから普段通りに出始めたのですが、この際、自分の発声を見直してみたいので、レッスンをお願いしました。

昨日はもっと早く行くべきだった、と反省でした。頭では理論的にわかっているようで、出来ていなかったわけです。

私の問題点は、まずは下顎が固く(ぶら下がっていない)、開き方が正しく無かった点です。歯医者で歯を見せるような開け方になっていて、それを風邪の時に喉の奥を見せるような開け方にしないといけないという点でした。

次に、顎から首にかけてと鎖骨周辺にすぐに力が入る点です。これは、自分では全くわからないのですが、首を振ったり、肩を揺らしたりするといくらか声も楽になるので、知らずに緊張が走っていたのでしょう。

さらに、ア、イ、エ、の開け方の口の中が平たい点。横隔膜の維持が出来ていない点。などなど、全部基本的なことでありました。

これら、すべていつものコーラスの指導で私が指摘している点なのですがね。自分では出来ているつもりだったというだけでした。

今後、せめて月1でレッスンをしていただこうと考えています。私の年齢でも、「まだまだこれから出ますよ~」って言っていただけましたし!また報告致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です